あなたの本質を生きよう♡

アカシックリーダーによる地球人生を楽しむための提案

光と闇が一つになる時

もうすぐスターウォーズの最新作が公開されますね。
私は産まれてこのかたスターウォーズを見たことがなかったのですが、闇潜伏期間になんとなく見ておいた方がいい気がして、一気に見ました。

 

計8本!(ローグワンも含むと)

 

だから、今はスターウォーズ最新作の公開がとても楽しみです。


そして、今このタイミングだからこそ最新作のスターウォーズが公開されたのだとも思いました。
宇宙はやはり完璧。

 

 

だってCM見た?!
「光と闇が一つになる時」
って言ってた。
(↑でもこの台詞が出てくるCMを動画で探したけど見つけられなかった…)


闇は美しい、と捉えられてる方も多いと思いますが私も同じ考えでして、闇があるからこそ人は魅力的だと思っています。

 

自身が闇強めなのも自覚してるので、関係を築けるとしたら闇を感じる人でないと基本むずかしい。

 

連日スターウォーズを見てた中で、アナキンが自分とかぶりとても心が痛かった。
ダークサイド(闇)の例として恐れ、怒り、悲しみなどがありますが、特に怒りという感情はすごく力を持っている。

 

怒りからくる、自分の想像を超えるような力もある分、そこに引っ張られやすいというのもすごくわかる。

 

また愛ゆえにその反動で闇が深まることもわかる。

 

ただ、怒りなどの闇というものは自分の中からしか発生しないものであり、大きくなることも小さくなることも自分の中で起こる。闇に支配されないことは選択でき、決して闇をないものとすることではありません。

 

人間である以上、感情は切っても切れないものであり、闇側の感情は必ずあります。ただ、その感情に乗っ取られないことも選択できるのだと思いました。

 

私の場合は自分の中で怒りが発生した時に、自分でも止められないほどの残虐さを感じた経験が何度かあります。

 

でも、その感情をいけないものだと排除するのではなく、あるけれどそれを選択しないということも選べるんだなぁーということを漠然と感じておりました。

 

「闇は美しい」
の捉え方は人によって異なるけれど、
私にとっての闇はやはり人の魅力。

 

表裏一体で光と闇を持つ地球人という存在は
やはり興味深いです。


今このテーマの映画が世界中で放映されるということは、宇宙からのメッセージなんだろうなーと感じずにはいれません。